クラウドサービス

世界市場に繋がるクラウドクレジットの魅力

日本は成熟した金融市場となっていますが、海外にはまだかつての日本の様な開発途上・経済成長力を残している多くの国があります。

 

 

クラウドクレジットは、日本の投資家が、そういった海外の消費者ローン・事業者ローンを行う会社に投資を行う上での橋渡しをする金融会社です。

 

 

実際はクラウドクレジットの現地子会社が消費者・事業者ローンを行い、それを審査・回収するパートナー企業と共に事業を行っています。

 

 

対象とされるのは海外の中小企業や個人であり、もちろん需要や成長によっては大きく元本・利息などの収益を期待することも可能です。

 

 

日本の投資家から集まった投資資金は国境を越え、海外に投資される仕組みとなっています。

 

 

そして元本や利息がある中で、投資家は分配金を受け取ることが可能です。

 

 

このようにクラウドクレジットのビジネスモデルは、斬新の事業モデルで成長が期待できる国の資金需要者と海外投資を行い海外を発展させたいという投資家の希望がマッチするビジネスです。

 

 

確かに海外投資と聞くとリスクが先行しますが、ビジネスモデルとしても確立しているため、十分、日本の投資家が投資しやすい環境も整っています。

 

 

なお株主には、日本の商社大手の伊藤忠商事を始め、海外の金融会社が株主として台頭しています。

 

 

そのため、大手の会社が注目しているほど成長も期待でき、比較的に金融デリバティブに比べ安全性も確保されているとして、海外投資の主流になりそうなクラウドサービスです。

 

>>クラウドクレジット【口座開設】はこちらから<<